• トップ

インプラント治療の詳しい詳細

痛みが少ないインプラント治療

インプラントの痛みは少ない

インプラントは、歯を失ったところにする治療です。歯のない部分の骨に手術によってチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着することで、本物の歯のように噛むことができます。骨とインプラントのチタンはしっかりと結合するので、入れ歯のような取り外しの手間もなく、外れる心配もありません。しかし、治療に手術が必要だということで、痛みが強いのではないかという心配をする患者さんが多いです。手術という言葉にはこわいというイメージがありますが、実際に受けてみると痛みが少ないことに驚く患者さんばかりです。インプラントの手術は、局所麻酔をした上で行います。意識ははっきりしていますが、痛みを感じることはありません。麻酔が切れてから痛さを感じることがありますが、少ないもので、鎮痛剤を1~2回飲めば日常生活を送ることができます。痛みの少ない治療なので、患者さんにも安心しておすすめすることができます。最近は、手術の負担を軽減する治療法も開発されています。恐怖感が強い場合には、笑気ガスといって、ぼんやりとした状態になるガスを吸引しながら手術をすることで、患者さんの負担を減少してより快適に受けられるような工夫がされています。

↑PAGE TOP