• トップ /
  • インプラント手術と痛み

インプラント施術は痛みを伴うか

インプラント手術と痛み

インプラントの痛みと術後の食事

インプラント治療は見た目が美しい治療であり、興味があるという人は多いでしょう。しかし、実際に治療を受けるとなると痛みが心配だという人が多いのが事実です。インプラント治療における痛みと術後の食事について説明します。インプラントは人工歯根というネジのような部品をあごの骨の中に埋め込む治療法です。そのため、治療には手術が必要であり、歯が抜けている部分の歯茎を切開してあごの骨が見えるようにし、人工歯根を埋め込まなくてはなりません。内容を聞くと痛そうに感じますが、実際の手術では局部麻酔をするため、術中に痛むことはありません。切開する量も少ないため、体への負担もそれほど大きくはありません。麻酔が切れた後は、腫れや痛みが数日残ることになりますが、痛み止めを服用することで対処することが可能です。手術への恐怖心が強く手術中に意識があることに不安を感じる場合は、静脈内鎮静法という麻酔方法が選択でき、意識がない間に手術を行なってもらうことができます。術後は患部に強い負荷をかけることは出来ませんが、食事はその日のうちから可能なことが多いです。術後数日ははやわらかめの食事をとるようにし、歯が入るまでは硬いものは控えるようにします。外食などでやむを得ない場合は、手術した側と反対側で噛むなどの方法で対処することができます。

↑PAGE TOP